海外ではかなり話題のコインチェックの投資ファンド 「Coincheck Investment Program」

日本のビットコイン交換Coincheckは、バーチャル通貨サービスとブロックチェーンベースのソリューションを開発する新興企業のサポートを目的とした新しい投資ファンドを開始します。

日本をリードするBitcoinとAltcoinの取引プラットフォームの1つである東京に本拠を置くCoincheckは、新しいスタートアップ投資ファンドである「Coincheck Investment Program」の立ち上げにより、新しいスタートアップに直接投資を開始する。

Bitcoin社は、スタートアップやブロックチェーンソリューションやデジタル通貨サービスを開発する個人に対する投資をターゲットにしています。指摘されるように、投資対象には、初期のコイン・オファリング(ICO)の導入と立ち上げを計画している企業も含まれています。これは、クリプトカルトの成長と上昇に伴って注目されている根本的な新資金調達モデルです。

1ケースあたりの投資額は、最高限度額である5,000万円(約460,000ドル)に設定されています。

Coincheckの発表によれば、「我々は開発、技術、法律上の既知の方法を[デジタル]通貨で提供する」と説明した。「プロジェクトの早期立ち上げを支援し、ブロックチェンと仮想通貨市場の拡大を促進する…」

Coincheckは、新しいブロックチェーンとバーチャル通貨事業が市場に参入する道を阻む「障壁」として、技術、財務、法律における重要なコストと専門知識を必要とし、新興企業の専門知識と財務的支援を提供している。株式投資、資金調達および事業買収はすべて、投資プログラムの特徴としてリストされています。

今年の初めに、コインクチェックは、ビットコイン勘定を支払う日本初の利払いを開始し、ビットコイン持分の5%をユーザーに返品しました。5月には、Ethereum、Ripple、Moneroを含む多くの他の暗号化通貨サポートするために、利払いサービスを拡張しました。

cryptocurrency exchangeによる新しい投資ファンドの開始は、日本のビットコインとブロックチェーン開発の後進の勢いのもう一つの例です。4月の早い時期にデジタル通貨を法的支払い方法とみなした後、日本 7月にビトコインを購入して8%の消費税率を終了した。そのすべてが小売業者が成功した試行に続いてビットコインの支払いを受け入れることを目指しているのを目の当たりにしている。日本最大のビット交換取引会社であるbitFlyerの上級幹部は、2017年末までに日本の小売店舗で最大30万店舗がビットコインを受け入れられると推定しています。

参考URL:https://www.cryptocoinsnews.com/tokyo-bitcoin-exchange-coincheck-launches-startup-investment-fund/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP